SESの営業に将来のキャリアプランはあるのか

お盆休み中も案件や人材のメールが結構来てて、ちょっと申し訳ないなぁなんて思いつつも1週間ほどどっぷりと休んでおりました。

さてさて、休み明けともあってちょっとまったりしたいところではありますが、今日はタイトルにもあるようにSES営業の将来のキャリアプランについて触れていきたいなと思います。

仕事柄、エンジニアのキャリアプランとかスキルアップについては考えたりする機会もあるとは思うのですが、肝心の自分自身のキャリアプランについてちゃんと考えたことはあるでしょうか?ただなんとなく毎日を同じような仕事の流れに身を任せていたりしないですか?

今まで自分と関わってきた営業さん達がこんな感じでステップアップしていったよという流れを、少し思い出しながら紹介していきたいなと思います。

スポンサーリンク

SESで起業、もしくは出世して役員になるキャリアプラン

これ結構多いと思うんですが、営業として関わってきた人がいつの間にか社長になっちゃうパターンがあります。自分もこのパターンで起業しました。

SESはビジネスモデル的にそんなに難しくないのと、ある程度の資本金とコアとなるエンジニアが仲間になってくれたりすると、案外簡単に起業することが可能だったりします。あとは営業部長だった人がそのまま出世して取締役になってたりすることも多いですね。

営業職から経営者層へのステップアップという道ですが、もちろん営業という立ち位置に比べて責任や仕事の質も変わってくるので、それ相応の努力とチャンスが必要ではあります。

個人的に起業したいけどやりたいビジネスが定まっていないなんて人は、SESの営業としてキャリアプランを積みながら資本金を貯めて独立するのが近道なんじゃないかなと思っています。

\SESで起業するためのノウハウ記事はこちら/

経験を生かしてITコンサルタントになるキャリアプラン

単純なSESだけをやってるとちょっと難しいかもしれませんが、幅広いIT知識やマネジメントスキルを生かしてITコンサルタントに転身された方も何人か知っています。

もちろんそれぞれのコンサルティングファームによって仕事の内容も違ってくると思いますし、一言でコンサルといっても立ち位置はピンきりなので一概にはなんとも言えませんが。。

上昇志向のある人で30代で年収1000万円を狙いにいくキャリアプランを考えたとしたら、コンサル方面に行くか起業するかってところでしょうかね。コンサルの求人サービスなんかを見ても、年収1000万円超えはざらにありますし、SESの営業と比べると年収的には大幅に上がりますよね。

技術志向があるなら営業からエンジニアになるキャリアプラン

この業界の営業さんで元々はエンジニアになりたかったんだけど、何故か営業をやってるという人を結構見かけます。もちろん元エンジニアの方なら比較的簡単に現場に戻ることもできると思いますが、非エンジニアだった営業が技術志向が強くなってきて現場に出るなんてことも良くあります。

一度営業をやっていたことがある人は業界の流れも分かりますし、どの辺のスキルに需要があるのかもなんとなく掴めているはずです。自分だったらこういう技術を身につけるのにとか、アプリを作って世に出してみたいとかそういう欲求が強いのであれば、いっその事エンジニアになっちゃうのも1つのキャリアプランの形なのでは?と思いますね。

最近はプログラミングオンラインスクールのCodeCampや、教室まで通える時間がある人は実際にメンターが横について教えてくれるTECH::CAMPなんてとこもあるので、上手く活用してみるのも良いかと思います。

ちなみに自分は職場が渋谷で教室がすぐ近くだったのでTECH::CAMPのRuby on Railsのコースに2ヵ月通ってたことがあります。書籍を買ったりWEBで調べながらでも勉強はできるんですが、自分は結構つまづくと飽きちゃうタイプなので実際に横にメンターがついてやれたのは良かったなと。

本当は1ヵ月コースを申し込んだんですが、日常の業務が忙しすぎてカリキュラムが終わらなかったのでもう1ヵ月延長したっていう。。

\参加者限定特典あり!無料のオンライン説明会/

SES営業の年収平均は300万~600万円くらい?


これは正確に統計を取ったわけではないのですが、大手転職サイトなどに掲載されている給与条件を平均すると大体これくらいに収まるかと思います。

もちろん会社によっては給与体系が異なるので、賞与があったり、インセンティブ比率が高い企業など様々だとは思いますが、最近の傾向としては年俸制や一律で同じ固定給のままの営業が多いような気がしています。

僕はどちらかというと営業のインセンティブを高めに設定する方が好きなタイプなので、数字に強い営業とあまり成果が挙げられない営業とではかなりの年収差になるんじゃないかなと。

あと昔よくやったのは3月とか9月、10月辺りでSESの動きが活発な時に営業キャンペーンを打って、1件決定で1Pとか新規口座開拓で0.5Pみたいな感じで様々な要素で複合ポイント制を作って10Pで10万円出すよみたいなことをやってました。

SESの営業は個人ベースでも中々モチベーションが上げにくい職種だと思うので、企業としても分かりやすい営業強化施策とか打ってみるのもいいんじゃないかなと思います。

そして、そんなに年収もらってないぞって人は未経験からの転職組だったらまだわかるんですが、もし2年目とか3年目とかで成績をあげてもまだあんまり給料が上がらないようであれば、同業他社への転職も視野に入れた方が良いのかもしれないですね。

自分の適正年収をMIIDASで調べてみると


たまにMIIDAS(ミイダス)を使って自分の適正年収なんかを調べてみると、そこそこの想定オファー年収が提示されたりします。僕の想定オファー年収は727万円だそうです。事業部長とか経営企画室とかその辺の求人が来る感じですね。

僕

僕は曲がりなりにも社長なんで転職はしないっすけど、社員でこれくらいもらえるならリスクに見合いそうだなとか良からぬ思いが。。

SESの営業だとマネジメント経験とかそっち寄りのキャリアでアピールしていくしかなさそうっすよね。MIIDASの検索の選択肢でSESがちゃんと出てきたのはちょっとびっくりしましたが、技術系の資格とか全然持ってないので履歴書に空欄が多い人って結構いるんじゃないのかな。

\ミイダスで適正年収を調べてみる/

ただ辞めちゃうのはもったいない

SES営業の仕事は同じことの繰り返しでマンネリ化しますし、トラブル対応とかで心が疲れちゃう人もいると思うんですが、何も考えずに辞めて別業界へ転職する人が多いのはもったいないなといつも思っています。特にこの業界は狭いし異業種との絡みも少ないので、ただなんとなく仕事をし続けていると視野が狭いまま特別なスキルもつきません。

もちろん上で挙げたようなキャリアプラン以外もたくさんあると思いますが、何が1番言いたいかというと、毎日同じようにSESをグダグダ続けていると潰しがきかなくなっちゃうので、ちゃんとしたキャリアプランは持った方が良いよって事なんです。

何を学ぶかは人それぞれだと思いますが、SESの営業は比較的自由度が高い職種だと思うので、時間がある人は色々なキャリアプランについて考えてみるもの良いかもしれないですね。

コメント

  1. アバター 佐々木みわ子 より:

    久しぶりに書き込みます。

    相談なのですがSESでは
    エンド⇒大手SIer⇒中小IT
    という構図がありますが、

    エンドの開拓を行うにはどのような方法があるのでしょうか。
    大手SIerと取引を行うよりもエンドと取引を行った方が
    メリットは大きいと思います。

    いつも相談ばかりですいません。
    色々挑戦している毎日でございます。

    アドバイスを頂けると嬉しいです。

    • 8dsbiz 8dsbiz より:

      エンドユーザー開拓についてはあまり語れるほどではないですが、自分の経験則では既に現場に入っているエンジニアからエンドユーザーの担当者を紹介してもらうパターンが多かったです。

      あとは顧問や紹介者を介しての営業など、やはり後発の会社が開拓していくには正攻法でいくより少しでも有利な方法を取っていった方が良いかと思います。

      たまに契約条件とかが厳しくなって、棚ボタ的にエンドユーザーと契約することになったりもしますが、これも稼動しているエンジニアありきになってしまいますね。

      受託開発などをやっていればそこから営業していくことも可能ですが、単純にSESだけでアプローチするのは少し難しいのかなと思います。