SESで起業する際の資金調達と用意するものについて

世間はハロウィンでふわふわとした空気が流れていますが、SES的には月末で朝から案件情報や人材情報が飛び交っていますね。

今日は前回のSESで起業するためのノウハウ垂れ流し連載の続きです。

僕

今回はSESで起業する際の「事前に必要なもの」について解説していきたいと思います

SES事業を始めるのに最も必要なのは運転資金

僕

これまで2度SES事業を立ち上げからやってきましたが、1回目は500万円、2回目は300万円でスタートさせました

0からの立ち上げだったのと、役員報酬や家賃などは最初はミニマムスタートだったのでだいたいこれくらいあれば足りましたね。

最初から採用広告をガツンと打ってプロパー中心で一気に増やしていくのであれば1000万円くらいは欲しいところです。

SESのデメリットでお伝えしたように、SESは入金サイクルが肝なので常に給与支払いが2回転〜3回転は回せるくらいの余裕が必要です。

営業や管理をどれくらいの人数でスタートさせるかによって、バーンレート(1ヶ月にいくらお金を失うかを表すもの)が変わってきます。

運転資金の集め方と創業融資について

また、資金の集め方ですが2、3人で持ち寄って自己資本で集める方法もありますし、それ以外にも一部出資を受けたりとかもっと少ない資本でパートナー中心でやり始めたりなど色々な方法はあります

資金調達については会社を興す上で最も重要なのと、ファイナンスは一度失敗してしまうと後戻りできなくなってしまったりするので、会社を作る前にファイナンスについて学んでおくと良いでしょう。

あとは日本政策金融公庫の創業融資とか助成金なんかも色々あるので、調べておいて損はないと思います。

特に創業融資については、それを専門でやっている税理士や会計士がいるので、創業する前に税理士ドットコム」などで調べることをおすすめします。

起業する際はファイナンスについて学ぼう

起業のファイナンス」はもはやベンチャーやスタートアップ起業のバイブル的な本になってますよね。

エンジェル投資家やVCを探すときは色々な方法がありますが、yentaというアプリを使って知り合う方法などもあるようです。

財務については専任の人が仲間にいれば尚良いのですが、社長自身もファイナンスの知識が無いのは致命的です。

最低限のリテラシーでも身につけておいて損はないでしょう。

SESの契約関係で諸々必要なもの

この記事はSESを既に経験している人向けに書いているので説明はある程度省きますが、基本契約書、NDA(秘密保持契約書)、注文書、注文請書、請求書、スキルシートのフォーマット、などがあれば営業活動をする上で大体事足ります。

僕

あとは顧客にもよりますが、見積書くらいですかね

SESの営業活動をしていればこれらのフォーマットは、比較的容易に手に入るかと思います。

そのまま使用すると色々と問題があったりするので中身の精査をして改修したり、スキルシートなんかは自社向けにカスタマイズして使いやすくする工夫をすると良いでしょう。

就業規則とか36協定とか会社に必要なものは、その都度準備していく形で良いと思います。

最近は起業パックみたいなものもあるので、自分で用意するよりもある程度アウトソースしちゃって、営業活動にいち早く専念できるようにすることが大切です。

SESの営業がどれくらいで起業できるかの目安

起業の目安

これはあくまで自分の肌感覚なのですが、SESの営業として単独で20〜30名くらい稼働させることができているなら、自分で独立して起業してもある程度はうまくいくのではないかと思っています。

僕

実際に社長が1名で営業をやっていて、十数名の会社で食えてる会社なんかもたくさんありますよね

パートナーもゴリゴリ営業ができる人なんかだと、キャッシュフローを安定して回せたりするので最初から売上をどんどん増やすこともできます。

あとは起業した時にどれくらいの人が味方になってくれるかどうかが大事なんですが、新しい会社を作った後でもすぐに取引してくれるとこが最低でも5社以上あればなんとかなるんじゃないかなと。

新規の会社ってどうしても信用が無い状態なので、特にパートナーで会社を大きくしていこうとするのであればこの辺で苦労するんじゃないかなと思います。

SESで起業する際に必要なもののまとめ

  • 当面の運転資金と良い税理士
  • ファイナンスの知識
  • 契約書等のフォーマット
  • 新規取引が可能な見込み企業
僕

ざっくりまとめるとこんな感じでしょうかね

今回は感覚値的な内容になってしまいましたが、これはあくまで自分が経験した上での見立てなので参考程度に見ていただけるとありがたいです。

またこの連載はSESの営業をしている人が、0から会社を立ち上げるパターンとして想定しています。

全くSESの営業ノウハウがない場合や別で事業を行なっていて、SES事業を新規で立ち上げたいなんて場合は戦略が変わってきますのでご注意ください。(そういえばそんな相談も受けたりしてたような気がします。。)

コメント

  1. モロッコ より:

    とても興味深い記事です。

    >全くSESの営業ノウハウがない場合や別で事業を行なっていて、SES事業を新規で立ち上げたいなんて場合は戦略が変わってきますのでご注意ください。

    こちらですが、実際にどのような戦略になるのか、是非知りたいです。
    教えていただけますでしょうか。
    よろしくお願いいたします。

    • SES営業のノウハウ手帳 より:

      コメントありがとうございます!

      まず、そもそも営業ノウハウがない場合は、ビジネスの仕組み自体から立ち上げる必要があるので、SES事業を熟知した人材を外から招き入れるか、SES事業をすでにやっている企業と事業提携などをしてナレッジを溜めるところからスタートする必要があります。

      どこまでコミットして事業をやれるかにもよりますが、単純に時間と工数とお金がかかるため、事業計画を立てるにしても未知数の部分が大きくなるのではないかと思います。

      また、別で事業を行っている場合は、その事業とSES事業でどれくらいシナジーがあるかが大切になってきます。例えば別事業で直取引がある顧客がSESのニーズもあったりすると、いわゆる「エンドユーザー案件」が簡単に取れたりします。

      既存の顧客が流用できると、市場に出回っているような案件とは別の角度から攻めることができるので、営業戦略もパートナー開拓に注力するなど他社と違った戦略を立てることができます。

      逆に飲食業などSESと関連性が薄い事業をやっている場合は注意が必要で、特に採用面で会社の将来像やストーリーをエンジニアに伝える際に、事業の整合性が取れなくなります。「なぜその事業をやるのか」を説明できる建て付けが必要になりますね。