SES営業目線で見る未経験からのエンジニア転職とは

今月に入ってようやく体調も良くなってきたのに、また風邪を引いてしまい若干ダウン気味ですがリポDを飲んでなんとか頑張っております。

今日は第2新卒やエンジニア未経験者でSES業界に転職しようとしてる方向けに、営業目線でこれまで見てきたことや思ってきたことなんかをちょっと書綴っていきたいなと思います。

IT業界で未経験だとスキルシートが作れない

SESで営業する場合には、まずその人がIT業界で何をやってきたかを示したスキルシートというものが必要になります。平たくいうとIT業界専用の経歴書と思ってもらえるとありがたいです。そして、未経験者の場合だと当然IT業界としての経歴は白紙になります。真っ白ではさすがに見栄えがよろしくないので、会社によっては過去の接客業なんかの仕事を無理やりスキルシートに載せてたりしますね。

それでも案件によってはなんとか決めることができたりするんですが、経歴がまっさらな人はプロジェクトがすぐには決まらないもんだと思っていた方がいいと思います。早ければ数週間、決まるのが遅い人だと2、3ヶ月くらいはかかったりするので転職の際には給与条件などきちんと確認しておく必要があります。

エンジニアとしてやりたい事が固まりすぎてると心が折れるかも

IT業界といっても仕事の種類や立ち位置なんかで、実際に行う仕事は全く異なってきます。たぶん未経験のエンジニアが初めに入る現場はオペレーション的な作業だったり、末端のテスト作業だったりする場合が多いかと思うんですが、ここは経験値を積む為の期間なんだと割り切っていた方がいいように思います。

なので自分はエンジニアとしてWEBサービスが作りたいのに、そんな単純作業は絶対やりたくないという人は最初にSESの会社に入るのは辞めた方が無難かと思われます。むしろ転職しないで普通に仕事しながら自分で勉強してWEB作ってた方が幸せなのかも。

未経験でせっかく現場に入っても、やりたいこととイメージが違ったと言って直ぐに辞めてしまう人をたくさん見てきました。確かに自分の将来を考えて判断することは正しいのですが、SESという仕組みで現場に入っている場合は企業間の契約であったり営業が走り回ってなんとか仕事を見つけてきたりと、様々な人が関わっているのでトラブルにならないように現場を抜けてもらった方が良いと思います。

未経験エンジニアとして最初の現場に入れたら

どんな現場でも吸収できるところはあると思うので、目の前の仕事をきちんとこなしていくことが大切だと思います。そこでちゃんと研修とかキャリアのフォローをしてくれる会社ならいいんですが、ほっとかれる場合は自分で勉強をし続けるしかないのです。

現場を経験すると少なくとも「未経験」ではなくなるので、次のプロジェクトに入るときは多少は営業が楽になるかもしれませんが、自分でスキルをつけてステップアップしていくイメージを作っていかないと延々と、同じような現場で同じような作業をやらされる可能性もあります。

エンジニアとしてステップアップできる人とそうでない人

実際にIT業界の未経験者から数年でSEクラスにまでなった人をたくさん見てきましたが、同時に途中で挫折して辞めていく人もたくさん見てきました。

決定的な違いはポジティブかネガティブか、本当にそれだけのような気がします。あまりに漠然としすぎて答えにはなってないんですが、とりあえずチャレンジしてみようという姿勢の人はステップアップが早くて、不安な事や現場の悪いところなんかを愚痴るのが好きな人はやっぱりそこ止まりなのかなぁと。

本当に早くステップアップする人は、エンジニア単価も上がるのが早いので比較的早く昇給するのではないでしょうか。開発系でも2、3年現場を経験すると倍近く単価がアップすることもあります。そこからしばらく経験を積んでフリーランスとして独立するなんていうのも良いのかもしれません。

転職は虎穴に入らずんば虎子を得ず

このIT業界も入ってみないとわからない事だらけなんですが、当然良いことも悪いこともあると思うんです。悪い話をたくさん聞いて卑屈になるのも自由ですし、目指したいエンジニア像を掲げて頑張るのもその人の自由なんです。SI界隈は現場にもよりますが悪しき慣習みたいなのも結構あって、そういった風潮に染まってしまう人も中にはいますが、スキルアップを望んでいる人は勉強会などにも積極的に参加して社外の空気を感じたり、新しい技術へのキャッチアップも怠らない人が多いんじゃないでしょうか。

個人的にはIT業界の未経験者が転職していきなりSESで現場に出るよりは、どこかサービスを運営してる会社でアルバイトとかからエンジニアの第一歩を始めるのがいいんじゃないかなと思っているんですが、そういう求人自体があんまり無いのも現状ですよね。学生とかならインターンでスタートアップに参加させてもらったりして、メキメキと開発力をつけていく人をよく見かけます。

単純な人出しの会社でもここの教育とエンジニアへのキャリアフォローをきちんとやるだけで、SESの会社としてはひと皮むけると思うんだけどな。

ABOUTこの記事をかいた人

SES営業の10年選手です。SESでの起業経験あり。人事、法務、労務、経理、総務、マネジメント、マーケティング、WEB/アプリ開発、と守備範囲は広いですが程よく適当です。PokemonGO頑張ってます。